*All archives* |  *Admin*

2007/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
離れていても

今は遠く暮らしていて
会うこともままならない。

高いところに登っても
見えないくらいに 離れている。

でも再び会えば
あの頃に 瞬時に戻れる私たち。

実のない会話も楽しくて
過ごせる時間が嬉しくて

距離なんて関係ない。

きっと私たちは繋がっている。
同じ事を思っている。

離れていても
心の中にお互いがいる。
スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

特別な名前

好きな人の名前は

いつも特別で。

その名前を知るだけで

親しくなったような気がしてしまって。

こんなにこの名前っていいんだって

ふと気がついたり。

好きな人の名前の響きが

すごく すごく 

安心できるんだ。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

---

片恋でも
つらい恋でも
逃げ出したくなっても

あいつに出会う前よりは
ずっとずっと幸せ。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

空を見ていた時間




空を見ていた時に、気がついた。
僕たちは、終わったんだと。

いつも一緒にいた季節は
もうやってこないんだと。

何もかもが違ってしまった。
思い出にまだ出来ない思い出達が
こんなに、鮮やかに
瞳の奥を通り過ぎていくように
なってしまった。

雲色と空色が滲んで見えたから、気がついた。
僕は泣いていたんだと。

楽しいことばかりでなかったこの恋に
さよならしようとしているんだと。

空を見ていた時に、気がついたんだ。




photo by NOION sama




続きを読む

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

***

切ない言葉を
つれづれ並べて
悲劇に浸る。

あなたに会えた日の私は
少しだけ センチメンタル。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

時間の流れ




辛いことも 泣いたこともあったけど
やっぱり私はこの場所が好きだった。
ここで過ごす時間が大好きだった。

このままここに ずっと立ち止まっていたい。
そんな気分だけれど
それはある意味 寂しいことでもあるから
歩き出さなくちゃ。

同じ時はもう戻ってこないけれど
その時に得たことは 全部
すべて私の中にある。

だから。

この時がなくなっても
みんながいなくなっても

私は 大丈夫。




material by G.B.MATERIALS sama


***

1日中 想っている。

何をしてても
何をみてても

忘れることなく 想っている。

私の時間は
あなたを愛する
すべて。
気付いてしまった気持ち

あの時のままの気持ちでいたかった。

気がつかずにいたかった。

あなたがあの時あの場所にいなかったなら

きっと 知らないままだった。

こんな風にこみあげる様なせつない気持ちを

どうして気づかせてしまったの?

あたしがあの時あの場所にいてしまったから

きっと知ってしまったんだ。

気付いてもどうしようもない、行き場のない気持ち。

気付いても知っても しかたのない気持ち。
雨・アメ・あめ・・・




雨の日は嫌いだった。

グレイの空。
雨水が靴を濡らす。
傘も景色を妨げる。

なのに

おひさまばかり
青空ばかり
みてたら

雨がとっても恋しくなった。

空から水が降ってくる。
それってなんて不思議で
可愛らしいことなの?

グレイの街が
傘の色をさらに鮮やかな
水玉もように変えてゆく。

雨の日の
窓についたしずく。
雨音のコンサート。
雨に塗れたまぶしいほどのみどり。
かわいた道が雨を吸い込む様子。
土が潤っていく その香り。

時には虹も見れたりもして・・・

雨って字もなんだか可愛い。

雨って楽しいことばかりだね。



続きを読む


せつなかった。

悩み事を話す、あの人の声はせつなかった。

けれど 聞いていた。ずっと。

大好きなあの人の声だから。

コーヒーショップで。



コーヒーを選ぶ時のように
人生も選べたらいいのに
と、思う。

その甘さ加減とか
いらないものは入れてもらわずに
自分の好きに自分の道をコーディネイト。

そしたらどんな人生が待っているの?
どんな味の人生を進んでいくの?

自分好みのコーヒーで
夢ゴコチのひと息をついたら

また、現実に戻る。

何のスパイスが入っているかわからない
現実に、戻る。

どんな味の人生を進んでいくの?

結局はいつも自分で選んでる。

コーヒーを選ぶ時のように
人生は好きに選べないけれど
それぞれの道(未知)の味を楽しんで
自分で選んで進んでいく。

経験というスパイスを混ぜ込みながら
人生をおいしくしていく。

そんな人生のほうが
きっと、ずっと、楽しい。うん。


photo by NOION sama


続きを読む

アリガト

遠く離れて
長いこと あなたに会えなかった間

夢ゴコチで
あなたに 思いを馳せていた間

あなたは病院のベッドの上で
病気と闘っていただなんて。

目の前が真っ暗になる。
そんな苦しみも分かち合えない私なんて
何の意味も価値もない気がした。

なのに あなたは必死で闘って勝ち抜いて
私に会いに来てくれた。

いつもの笑顔で。
病気なんて 苦しみなんて
感じさせない
いつものジョークで。

髪の毛を剃ってしまった事を
恥ずかしがっていたけれど
かっこ悪いと照れていたけれど

全然そんなことない。
かっこよすぎて胸が痛い程だよ。

私に会いにきてくれたあなたに
精一杯に伝えたい。

生きていてくれてありがとう。

もうホント。
それだけ。

あなたの存在が
私にとってのすべて。

続きを読む

最近。

最近のあたしは 自分を見失ってしまっている。

"あなたの事で頭がいっぱいだから"

あなたのせいに出来る 秘密の気持ちが

あたしには ある。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

---


この愛とおなじくらいの大きさで
あなたを強く強く 抱きしめたかった。

"確かに。傍に、ここにいる" という真実を
信じられる様に。







photo by raindrop sama


テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

わかっていても

いけないとわかっていても
止めなきゃって思っていても
あの人の笑顔や言葉を
心によみがえらすのは
楽しくて仕方ない。

ドキドキしてどうしようもなくなってしまっても
幸せでたまらない。


テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

***



どうして届かない想いっていうのがあるんだろう。





photo byraindrop sama

今よりももう少し・・・



あなたの気持ちや
あなたが私にくれた
ちょっぴりむずかしい言葉や
私に向けた態度とか
今は理解出来ないけれど

私が今よりももう少し大人になって
今のあなたと同い年になったら
すべてを理解できるようになると思う。



photo by NOION sama

続きを読む

気付かないまま・・・

あなたはこの先もずっと気付かないと思う。
知らないままだと思う。

あなたが何気ない笑顔で言葉を語っているとなりで
ひとりの女のコの心が普通じゃなくなっているのを。

届かない事も 叶わない事も
すべて敏感に感じとっていたのだけれど
止める勇気がないために
ひとりよがりばかり繰り返してしまいます。

四六時中 場所なんてかまわず
いつも心の隅に あなたを置いて
生きている あたしを

あなたはこの先も 気付かずに。
知らずに。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

+++




今日だけは 腕時計も外して。

時間の流れなんて聞かずに

お互いの鼓動を聞きましょう。


落ち込みそうな時とか
疲れ果ててしまった時とか

耳の奥に あなたの声が聞こえる。

あなたに怒られた。
そんな気がした。

でもその言い方が
本当にあなたらしかったから
少し 笑った。

そして また 元気になれた。

離れているのに
私を変えてくれる。

そんなあなたって すごい。
あなたの言葉




あなたの言葉はきっと魔法をかけられてる。

どんなになにげない一言でも
あたしの心に残って
その意味とか
そのなかにこめられた気持ちとか
深く深く 考えさせられてしまう。

魔法にかけられた言葉たちは
あたしの周りをぐるぐるまわって
あたしの記憶の奥深くに沈んでいく。

時々それを取り出しては
あなたのことを考えて・・想って・・
今度はあたしに 恋の魔法をかけてゆく。


テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

***




"明日はあのひとに会える日"

だというのに
どうしてこんなにも
時が進むのがおそいんだろう・・・・




photo by NOION sama



みえないみらい

先の見えないこれからに
不安になる。

どうして?

先が見えないのなら
これから変えてゆけるはず。

自分のなりたいように。

不安になっているばかりじゃ
不安定な未来にしかならないよ?

先が見えないからこそ
真っ白で思い通りに
描いてゆけるんだから。

先が見えないからこそ
元気に笑っていけるんだから。
あたしの存在

あなたがあたしのまわりの雰囲気を
かえてくれる。

おだやかに。
やさしく。

その中に包まれると
ココチよくて「あたし」が解き放たれていく。

自分が自分になってゆく。

そんなあたしを
ずっとみていて。

ずっと包み込んでいて。

あなたのおかげで
あたしの存在が
許される みたい。

---





言葉は嘘にも本当にもなり


私をまた 困らせる。






photo by NOION sama
***





2人で過ごした あの時間は

別れてしまっても 他人となっても

消えてしまうものでは ないよね・・?




photo by NOION sama
ココロの距離

肩がふれあうほど傍にいて

腕がふれあうほど傍にいて

今 こんなに近くにいるのに

心の中にはどうしても 入れない。
恋のはじまり

恋のはじまりとはいつもこういうもの。

先の見えない幸せに

たくさんの募る思いをのせて

心の奥で精一杯にあの人を見つめて

先の見えない不幸に

気持ちがふるふる ふるえてる。



花火



その色とか
その形とか
その音とか

ひとつひとつに込められた
花火師たちの思いや人生を
見ているようだった

どうしてこんなにも惹きつけられるんだろう
どうしてこんなにも夢中にさせられるの?

花火はあっという間に夜空に散って
明るく染められた闇も
あっという間に戻ってくるというのに

目を閉じれば
また花を咲かせる
耳をすませば
心に響く音がする

花火のように潔く 
そして可憐に

そんな風に
私は生きたい


photo by (C) Tomo.Yun sama



「月野原」


「月野原」 作詞・斉藤由貴

あなた探して 風をつむぎ 夜をさまよう
いつか逢える そう信じてる
ねえ 足どりも軽く さあ 進みましょう
ベルベットの闇の中 果てしない道のり

月野原に咲いた恋は 紅いオルゴール
眠りの彼方 響き渡れよ

ガラスの鼓動 まだ見ぬ人 あなたにあげる
胸ふるわせ そう決めている
ひとり歩く夜は 青い万華鏡
現れては消えてゆく 幻想の恋人

月野原に溶ける思い うたかたの時
あなただけが 私の命

風吹く夜に 
月の野原で
 


-----

続きを読む

夢を叶えるための名言集♪


presented by 地球の名言
プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
詩は私のココロの鏡。
感じたことを言葉にしてます。

気の利いた言い回しとか
ステキな言葉とか
なんにもないけど

ココロのそのままを綴ってます。

野原のまんなかで
月に語りかけるように・・・。


人気ブログランキング 

FC2 ブログランキング

clap!




お願い☆


 楽しく学ぼう著作権
 著作権について
考えてみよう!



※言葉や画像は私にとって
とても大切なものですので
無断使用禁止です。
著作権は放棄しておりません。
素材やさんでお借りしているものも
大切なものです。
ここからもちださず、
素材やさんへどうぞ。
素敵な素材がたくさんあります。※
最近の記事
コメント
☆コメントありがとう☆

お返事が遅くなることが
ありますが
ご了承くださいませ。

表示は承認後になります。
クリックすると POP-UPで開きます。

→2009年9月~
コメント受け付けてません・・・

ゴメンナサイ。
お返事を書く余裕がないためです。

poets designed

カレンダー&アーカイブ
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク
このブログはリンクフリーですが
リンクの際はお知らせいただくと嬉しいです。

***

show all entries*
全タイトルを表示
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。