*All archives* |  *Admin*

2007/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さな一歩
9-2007 0699

小石を投げて
小さな波紋が大きく広がっていくように

勇気を出して
一歩を踏み出せば
たとえ小さな一歩だとしても
大きく変わってゆけるのかもしれない。

小さな輪が大きな輪に変わっていくように

たとえ小さな波だとしても
大きく変えてゆけるのかもしれない。




スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

お月様
9-2007 09418

十五夜のお月様です。

お月様が好きです。お星様も、お日様も好きですけれど、
お月様はなんだか特別なチカラがあるような・・そんな気がします。

幼いころ、帰りが遅くなっても、お月様が後ろから見守ってくれているように
私の背中をついてきてくれたり、小さな明かりが心細い気持ちを照らしてくれました。

続きを読む

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

前進

前へ進むんだ。

誰も彼もが

「もう諦めなよ」と

言っているみたいに

感じても。

強くなるんだ。

自分を信じて。

誰かの助けを

待っているだけだなんて

ただ

願っているだけだなんて

きっとそんなのは

時間のムダだ。

前へ進むんだ。

きっと

その先に

貴方が待っていると

信じて。


テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

このときのための

あれは

今 この瞬間のための。

出逢えた貴方のための。

通り道だったんだと思えるから。

また 

辛いことがあったとしても

未来に繋がる道だと思えるから。

また 頑張れる。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学


声を聴いただけで
耳の奥でイナズマが走る。

あたしはまるで雷に打たれたみたいに
心が硬くなって
手も足も動けなくなってしまう。

でも あなたになら
壊されてもいい。

そんな想いで
胸の鼓動を確かめる。

あなたに恋をしている

と確信する。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学


眠れない夜の時間を越えて

想っている。

貴方を。

想った分だけ

想いが早く届けば

いいのに。


テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

背伸び

ヒールの高さ分だけ 背伸び。

あなたに良く思われたくって。
大人に思われたくって。

あなたにもっと近づきたくって。

続きを読む

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

欲張り。

あたたかい腕の中。
私を包み込む広い背中。

これ以上の幸せを望むなんて
間違っているの?

これ以上何を待っているの?

すべて手に入れたと思っていたのに
まだまだまだ足りない。

自分がこれ程までに
欲張りなこと
今まで知らなかった。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

ウソはやめて

ウソをつくのはもうやめて。

あなたしがあなたを好きなぶん
あなたのココロが
キモチがよくわかるの。

ウソツキは嫌だよ。

あなたが辛いのも
苦しいのも嫌。

ウソをつくのはもうやめて。

たとえあたしが傷つくことになっても
あなたには本当を話してもらいたい。

幸せになってもらいたい。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

あの人が望むウソ

見方を変えてみれば
自分の心だって変えれるはず。

たとえ今はウソをついてても
そのうち本当に変わっていくはず。

あの人がそう望むなら
私のウソが
あの人の望むことなら

たとえ今は違くても
そのうち真実となっていくはず。

たとえ今が辛くても
そのうちきっと変われるはずだから・・・。

たとえ傍にいるのがあの人でなくても
そのうちきっと心は変わっていくはず・・だよね・・?

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

居場所

あたしの居場所。
あなたの中に探してみる。

言葉で 行動で
探してみる。

あなたの居場所。
あたしの心と身体に全部。

全身全霊で
好きってあなたに向かっている。

あなたの24時間の中に
あたしはどのくらいいるんだろう?

あなたの世界の中に
あたしはどのくらいいられるの?

あたしの居場所。
あなたの中に探してみる。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

写真

あなたが大切だっていった物の中に
あたしの写真があった。

2人が初めて出逢った時の
あの写真。
日付入り。

今まで全然違った人生を
歩んできたのに
ある一点で出逢って
それからはずっと一緒。

初めての2人の接点。
あの時の。あの写真。

あなたにとって大切だって
思ってもらえるあたしで、よかった。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

まっしろに。

真っ白い石けんで
真っ白い泡をたくさんつくって
全身がふわふわに包まれたら

ココロの中のアマノジャクな気持ちも
イライラも
ヤキモチも

みんなキレイに洗われて
流されて
私は生まれ変わる。

どんな色にも染まれそうなくらい
真っ白なココロになって
スナオな私になって

あなたに会いに行く。


テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

愉しみ
毎日が忙しくて、気がつけばもう9月も半分終わってしまいました。

何もすることがなく、だらだらしている毎日よりはずっといいと思うんですけれど、忙しくて、その時々を振り返ると、結局何も残っていない・・。
なんだか、ちょっぴり寂しいなぁと感じました。

忙しいっていいながら、食事とかおろそかにしてしまったり、お片付けが面倒になるからって言い訳しながら、食事の食器も使わず、パスタとか食べるときに、フライパンのまま食べてしまったりしたこともあります・・。恥。

でも、ふと思いついて、盛り付けを楽しんでみたり、季節を感じてみたりしたら、小さなことだけど、「生きてる」っていうのを感じたんです。

時間に流されるのは、時には仕方ないのかもしれないけれど、ちょっと立ち止まって、風を感じてみたり、少し手間をかけてゆっくりしてみることって、人生を愉しむ第一歩なのかもしれないなって、そう思いました。

これからは、食事も季節もどんなに小さなことでも、その中に小さな幸せを見つけていきたいなぁ。

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

手の中に入る時

あんなにずっと欲しかったものなのに

いざ、自分の手の中に入る時

なんで少しガッカリしたような

切ない気持ちになるんだろう?

ただそれに向かって努力している

自分が好きだったのかな?

それを追いかけている

自分が楽しかっただけなのかな?

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

あの言葉

あの言葉を語ってくれたのは
本当にあの人だったのかな?
夢の中のことだったのかな?

あの言葉は今でも
あたしの心の中で瞬いて
今蘇らせても
泣ける位うれしい程なのに

今じゃウソみたいに
そんな余韻もないほどに
違って見える。

あたしだけが覚えている言葉なのかな?
あたしだけが忘れられずにいる言葉なのかな?

あの頃の2人は幸せだったのに
今じゃもう悲しい2人。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

***



期待はしないけど

努力はしようと思う。

やっぱり、欲しいもの・・。




photo by 空に咲く花 sama

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

昔の恋

こんなにすごく近くにいるのに
少し淋しい。
これから2人を迎える未来に
私はあなたの隣りにいるのかな?

昔の恋の潮騒が
今もまだ消えない。

いつの日かあの時のように
こんなに近くにいる大好きな人が
私のもとから去って行ってしまうのかな?

今の幸せは
いつまで続くかは分からない。
こんなにたくさん幸せなので
いつか終わっていくことなんて信じられない。

たくさんたくさん見つめて
いつの日かこの人が消えてしまっても
思い出せるように。

でも見つめても見つめても足りない。
これからの未来に
あなたと2人でずっといたい。

昔の恋が悲しくさせる。

どうかこの人が最後の人であるように・・・・。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

今では。

罵り合ったことも
咎め合った理由も
もう今は懐かしく思えるの。

ふとしたことで
思い出す貴方も
今では優しかった思い出だけ。

あの頃は貴方のことだけで
毎日が過ぎて
自分を忘れていた。

泣くだけ泣いて
涙の数だけ
貴方を想って
また泣いた日々を過ごして
自分を見失っていた。

時が二人の間を流れて
別々の方向へ向かわせて
今ではやっと
私らしくいられるの。

きっと貴方も
貴方らしく生きている。

そう願えるように
やっとなれたの。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

this song




この曲の背景には
いつもあの人がいる。

陽の光が扉の隙間から漏れる部屋に
とびきりの笑顔のあの人がいる。

この曲を聴く度に
あの特別なあの人に逢える。

瞼の後ろに
あの特別な瞬間が蘇る。

あの時の
あたしだけの
あの人に 逢える。



photo by Coco* sama

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

夢の中で

夢の中で
あの人はあたしにとっても優しかった。
心がドキドキと揺れるほど
あたたかくて緩やかだった。

現実は違うあの人。
瞳の奥の鏡にもあたしを映してもらえないほど
冷たくて遠い。

夢の中だけど
本物みたいだった。

手を伸ばせば
届くような感じがした。

現実は違う2人。

夢の扉に鍵をかけて
夢の中の2人を
永遠に閉じ込めてしまえたら。

現実に変えてしまえたら。

と、また夢の中の2人を思って
夢を見ている。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

新しく。




あなたの世界を知ってみたくて
私の知らない世界に行ってみたくて
今まで見たことのない場所に行ってみる。

そこがあまりにも楽しくて
優しいところだったから
私はずっとそこに留まっている。

自分が少しずつ変わっていく。

気がつくと
少しあなたに似てると思う。



photo by 10minutes+ sama

続きを読む

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

まぼろし

キズついて

キズつけられて

それで消えていく

友情や恋愛なんて

ほんとうは

もともとなかったんだ

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

長い夢


私はきっと夢を見ていたんだ。

本当はあの時、
隣りにあいつなんて居なかったんだ。
やさしい手もあたたかい腕も
本当はなかったんだ。

全部まぼろしだ。

楽しくて切ない夢を
少し長い夢を見ていただけなんだ。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

お互いに向かって

私が知らない頃の
二人が出逢ってなかった頃の
あなたの写真を見た。

随分前の写真。
少しやせてるね。

この頃に二人出逢っていたら
どんな風に流れていったんだろう。

この頃に二人出逢っていたら
どんな感じに変わっていったんだろう。

今とは違う現実?

今と同じ答え?

この頃のあなたも私も
ゆっくりと分からないくらいの速さで
お互いに向かって歩いてきた。

真っ直ぐに時に迷いながら
お互いに向かって歩いてきた。

なんだか不思議だね。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

心のキズ

気持ちを理解して欲しいとか
感じて欲しいとかって
ものすごく贅沢で我侭な
望みだってわかった。

だって相手は私じゃないし
この立場に立たなければ
私だって知らなかった気持ちだし。

でも 理解されない
気持ちを汲み取ってもらえない 辛さ。

想いの奥深くで
消化出来ないでいる 悲しさ。

どこへぶつけていいかわからない とまどい。

向けていけるのは
結局 自分しかいなくて

心にキズが またひとつ。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

ジェットコースター



喜んだり
期待したり
悲しんでみたりを繰り返している 最近。

心が
ジェットコースターに乗っているみたいに
UP and DOWNを繰り返している この頃。

少し疲れを感じてきたのに
本当はもっとのんびりしたいのに
ジェットコースターから降りたいのに

結局またドキドキを
希望を
心に抱いてる。



material by フリー素材やすらぎ庵 sama

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

ヒミツ。
この先
もし2人が別々になっても
この場所に再び来ることがあったら
私の事を思い出してね。

私もあなたの事を思い出すから。

この先
この風景が変わってしまったとしても
この場所に再び訪れることがあったら
2人で見たこの景色を思い出そうね。

忘れないでね。

今この時こそが
2人だけの秘密。

続きを読む

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

変化

時計の針が進んでいくよりも
雲が流れていくよりも
はっきりと
あなたの心が移り変わっていくのがわかった。

それでもあたしは認めたくなくて
必死で引き止めていたけれど

もうこれ以上は駄目というところまで
きてしまった。

ゴメンネ。

あたしだけ立ち止まったままで。
変わっていく勇気が持てないままで。

この手をもう離して。
自由になろう。

人は流れていく。
変わっていく。
そして成長していくことを
ゆっくりと受け止める。

続きを読む

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

カタチ




愛してる?

と聞かれた。

愛してる

と答えたけれど

本当はよくわからない。

愛って何なんだろう?

どういうことをすれば愛なんだろう?

そもそも形に表せるものかどうかさえ

よくわからない。

もしこの気持ちが

愛でないというなら

この気持ちは

いったい何なんだろう?




photo by raindrop sama

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

夢を叶えるための名言集♪


presented by 地球の名言
プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
詩は私のココロの鏡。
感じたことを言葉にしてます。

気の利いた言い回しとか
ステキな言葉とか
なんにもないけど

ココロのそのままを綴ってます。

野原のまんなかで
月に語りかけるように・・・。


人気ブログランキング 

FC2 ブログランキング

clap!




お願い☆


 楽しく学ぼう著作権
 著作権について
考えてみよう!



※言葉や画像は私にとって
とても大切なものですので
無断使用禁止です。
著作権は放棄しておりません。
素材やさんでお借りしているものも
大切なものです。
ここからもちださず、
素材やさんへどうぞ。
素敵な素材がたくさんあります。※
最近の記事
コメント
☆コメントありがとう☆

お返事が遅くなることが
ありますが
ご了承くださいませ。

表示は承認後になります。
クリックすると POP-UPで開きます。

→2009年9月~
コメント受け付けてません・・・

ゴメンナサイ。
お返事を書く余裕がないためです。

poets designed

カレンダー&アーカイブ
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク
このブログはリンクフリーですが
リンクの際はお知らせいただくと嬉しいです。

***

show all entries*
全タイトルを表示
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。